気持ちを前向きにさせるために!医療用かつらについて初心者でも分かりやすく紹介

医療用かつらは慢性疾患治療などをきっかけに、使用を検討することが一般的です。
頭髪が大きく減少してしまっても、再度発毛することは十分期待できます。
他方で治療は相応の時間が必要と考えられるだけに、医療用かつらを購入して使用することには、今後の療養生活にも前向きに臨むことができるというメリットがあります。
容貌上の変化に対応するための医療用かつらのケアが効果的なのはあきらかで、積極的に使用をすることをおすすめします。

医療用かつらの目的はいろいろある

医療用かつらというと抗がん剤治療の副作用で髪の毛が抜けてしまった患者さんが使うものという認識があるかもしれませんが、医療用かつらの利用目的は多岐にわたります。
カラーリングをして伸びた根元のプリンや加齢とともに増える悩ましい白髪を隠すために着用する人もいますし、伸ばしかけの中途半端な状態のときに期間限定でその場しのぎ的に使う人も多いです。
クールなショートやコケティッシュなボブや万人受けするミディアムやエレガントなロングなど、医療用かつらのデザインは幅広く、着用するだけですぐになりたい理想の髪型に変身できるという点も大きな魅力です。
医療用かつらのほとんどが人毛で出来ており、見た目がとにかく自然でウィッグであることがバレないほどの高い再現度です。
分け目ももみあげもつむじもリアルで不自然さがまったく無く、わざと中途半端なおくれ毛を作ってリアリティーを出したりなど、あらゆる部分に細かい工夫が施されています。

医療用かつらの準備はなるべく早いうちにすべき

薬物療法や手術によって頭髪を失うことが分かっているのなら、医療用かつらの準備は早い段階で進めることが理想的です。
医療用かつらを製造しているメーカーは、時期によっては多忙になってオーダーメイドの順番待ちが発生する可能性があります。
サイズや形が自分の頭に合わないと分かってから、作り直してもらうまでに一定の期間が必要になるのも、早いうちに準備を進めた方がいい理由です。
想像していたよりも頭部が蒸れやすい設計になっていたので、新しい医療用かつらに交換したいと感じる可能性もあるので、治療を始める前に発注しておくことを推奨します。
オーダーメイドの医療用かつらを発注する場合には、治療を始める30日以上前に準備を進めてください。
デザインの相談や採寸にかかる期間も考えて、40日は余裕があるスケジュールを組む必要があります。
既製品なら発注から1週間以内に医療用かつらが届く場合もありますが、違うデザインを選びたくなった時のことを考えて2週間以上は余裕を持つことが重要です。

医療用かつらと一般のかつらの大きな違い

医療用かつらと一般用かつらの大きな違いと言えばクオリティで、医療用かつらは全てにおいてハイクオリティです。
一般用かつらはナイロン素材で変な光沢感が出たりして不自然になりがちですが、医療用かつらは人毛使用で見た目が自然で高い再現度です。
ふんわりと立ち上がらせる植毛法で分け目やつむじを曖昧にさせてリアリティを追及したり、おくれ毛をあえて顔周りに設けることで生え際をカモフラージュしたりなど、自然に見せるための工夫が満載です。
軽量にしたり熱がこもりにくい設計で通気性を高めたりなど、衛生的で快適な着け心地にもこだわっています。
長時間の装着でも汗で蒸れたり重さで頭皮が疲れたり痒くなったりしません。
カラーバリエーションはベーシックなブラック系とブラウン系で、サイズ展開も幅広くて顔・頭の大きさに応じて選べてジャストサイズとジャストフィットを叶えます。
白髪や薄毛などの欠点を隠したり、イメージチェンジを図ったりなど色々な使い方が出来ます。

医療用かつらは病院で作るわけではない

抗がん剤投与に伴う副作用が頭髪を失った患者さんが使うものという認識をされがちな医療用かつらですが、医療用かつらは医療器具として病院で作られているわけではありません。
医療器具でありながらファッションアイテムという位置づけで普及しているカラーコンタクトレンズのような存在であり、医療用かつらとお洒落用かつらは今や同じ位置付けであると言っても過言では無く、医療用かつらをファッションアイテム的に日常生活に取り入れる女性が急増しました。
それに伴いクオリティーもどんどん高くなっています。
カラーバリエーションもスタイルの種類もサイズ展開も多くなり、必ずお気に入りの理想的なアイテムに巡り会えるはずです。
通気性が良い軽量タイプで快適な着用感も医療用かつらの魅力ですし、人毛を使用することでリアルでナチュラルな仕上がりになるというのが醍醐味です。
つむじの付近や分け目の部分も驚くほどの再現度の高さで、間近で誰かに見られてもかつらであると気づかれないでしょう。

医療用かつらで新しい自分を楽しむこともできる

疾病や怪我など何らかの理由から頭髪が失われてしまうのは、誰にとっても大きな悩みとなります。
それを補うための手段のひとつに医療用かつらがありますが、そんな時こそ新しい自分を楽しむことができるチャンスです。
自分の髪の毛だった時には簡単に髪型を変えたり染めたりするのが難しかったところ、医療用かつらなら簡単にそれらを実現することができます。
髪型もカラーも自由自在に選ぶことができ、これまでとは全く違った自分になることができます。
医療用かつらならシーンに応じて瞬時に変えることが可能で、様々な種類の医療用かつらを保有してその日の気分やTPOに合わせて使い分ける方も増えています。
時にはストレート、時にはパーマと変化させたり、ナチュラルな黒色から大胆なメッシュカラーまでいくつもの種類があり、いつもと違う自分を演出するのを楽しむことができます。
医療用かつらを上手に活用すれば、毎日をポジティブに過ごすことが可能です。

医療用かつらで気にすべきフィット感

トレンド感のあるスタイルや自分のパーソナルカラーに合う髪色や服装・メイクとの相性や周りにバレないリアルさや耐久性能やコストパフォーマンスなど、医療用かつらを購入する際に気にすべきポイントは多数ありますが、フィット感も妥協できないポイントです。
そこで大事になってくるのが試着です。
無料試着サービスを設けている通販サイトを利用すれば、実店舗に足を運ばなくても手軽に購入できます。
自宅でゆっくりと落ち着いてジャストサイズとジャストフィットを確認できるので、実店舗を利用するよりも通販サイトを利用した方が好都合かもしれません。
医療用かつらは一般的なお洒落用かつらよりも価格帯は高いです。
だからこそ失敗しないようにするために必ず試着してから購入を決めましょう。
前髪を短くしたりフェイスラインにおくれ毛を作ったり毛先に動きをつけたりなど、無料でカット・アレンジをしてくれるサービスが付いたオンラインショップもあります。

医療用かつらをつける前に地毛をカットする

医療用かつらをつける前に、地毛をカットすることは、多くの人にとって重要なステップです。
これはかつらが自然な見た目を持つために欠かせないプロセスであり、外見だけでなく、かつらの装着感や快適さにも影響を与えます。
まず地毛をカットする前に慎重に計画を立てることが大切です。
かつらのスタイルや長さを考慮し、どの部分をカットするかを決めましょう。
そして、専門的なアドバイスを受けることもおすすめです。
美容師やかつらの専門家に相談することで、最適なカット方法やスタイルを提案してもらえます。
カットの際には地毛を優しく扱うことが大切です。
過度なダメージを防ぐために専用のヘアケア製品を使用することがおすすめです。
きちんと整えた鏡を用意し、自分自身や美容師の手が確実に見えるようにしましょう。
地毛をカットする際に注意すべきポイントとして、適切な長さにすることがあります。
かつらの装着部分が地毛と自然に重なるように調整する必要があります。
過度に短くすると、かつらの取り付けが難しくなることがあるため、慎重に作業を進めましょう。
カットが終わったら、余分な毛髪を丁寧に掃除し地毛が整然と整った状態になっていることを確認しましょう。
その後、かつらの装着に進む準備が整います。
医療用かつらをつける前に地毛をカットすることは、かつらを自然な見た目で快適に着用するための重要なステップです。
注意深く計画し、適切な方法でカットを行うことで、かつらがあなたの外見や自信にプラスの影響を与えることでしょう。
かつらが完成し、新たな自分を見つける喜びを感じることができるでしょう。

医療用かつらはメンテナンスが重要

医療用かつらは、脱毛の問題を抱える方々にとって心の支えとなる重要なアイテムです。
一度購入しておけば、長期に愛用も可能ですがその耐久性や自然な外見を保つためには、適切なメンテナンスが欠かせません。
まず、医療用かつらのメンテナンスには定期的なクリーニングが必要です。
かつらは頭皮に密着するため、皮脂や汚れが付着しやすくなります。
専用のかつら用シャンプーやコンディショナーを使って優しく洗うことで、清潔な状態を保ちます。
強く洗いすぎるとかつらの毛髪やフィット感に悪影響を及ぼす恐れがあるので、注意が必要です。
ブラッシングや整えることもお手入れでは欠かせません。
毛髪の絡まりやすさを防ぐために、専用のブラシやコームを使って優しく手入れしましょう。
特に長時間かつらを使用した後や風通しの良い場所で保管する前に、毛髪を整えるよう心がけましょう。
かつらを着用する際には、できるだけ汗や化粧品の付着を避けることも大切です。
かつらは直接頭皮に密着するため、汗や化粧品の成分がかつらに影響を与えることがあります。
かつらを着脱する前には、頭皮を清潔に保つようにします。
専門家のアドバイスや定期的な点検も重要です。
かつらのフィット感や状態を定期的に専門家に見てもらい、必要であれば修理や調整も依頼します。

医療用かつらの相談のときに他の人の意見を聞ける

医療用かつらを使用する方の多くは、闘病していることや頭髪を失ったことを誰にも知られたくないと思うことから、自分だけでさまざまな判断をしてしまいがちです。
特に昨今では医療用かつら専門店のオンライン通販が登場したことから、誰にも会わずに購入することも可能な時代となりました。
しかし、着用してからどのように見えるのかは相手次第で、お出かけをしたところ違和感を覚えられることがあれば既に遅く困ってしまうことがあります。
そんな方におすすめなのが、医療用かつらを購入する前にスタッフや医師などに相談して意見を聞くことです。
スタッフや医師は患者さんに寄り添うことを信条としており、配慮をしながら客観的な意見を聞かせてくれます。
医療用かつらを試着をした際にどのように見えるのか意見を聞き、最もナチュラルなものを選ぶことができます。
本格的にお出かけをする前に判断できる絶好のチャンスで、自身にベストマッチする医療用かつらを購入すれば安心です。

医療用かつらに関する情報サイト
医療用かつらのススメ

このサイトでは病気療養などで医療用かつらの購入を検討している方を対象に、初心者でも後悔しないために抑えておくべき基礎知識を多彩なコンテンツで御紹介しています。
ウイッグには既製品とオーダーメイドの二種類があり、予算や自分の好みにあわせて選択することができます。
なかには試着サービスに対応していることもあるようです。
費用の面で注意するべきなのは、公的医療保険の助成対象ではないため全額自己負担という点です。

Search